アングル5:健康タイプの仕事選びアドバイス

jyosei-tensyoku

まず、自分の健康状態をしっかり掴んでおくことが大切です。

どうも体調が良くないと思ったら、医療機関で調べてもらい、自分の状態を正しく把握し、医師から健康管理についての注意点やアドバイスを聞いておきましょう。

その上で、自分がどんな仕事を選ぶべきか、という条件を出してみます。

例えば、風邪をひきやすい体質の場合には、空気の良い職場であることや、自宅からの通勤にムリがないこと、残業が少ないこと等を条件にしてみるというふうに。

低血圧の人の場合は、朝遅めの出勤が可能な仕事であったり、フレックスタイムで働ける仕事を条件にするというふうに。

また持病があって定期的に病院に通う必要のある大は、行きつけの病院に通いやすい地域の職場を条件にするのもよいと思います。

一方、精神的な健康維持のために、人間関係にわずらわされない、1人でやれる仕事を条件にするという方法もあります。

例えば、タクシー運転手、小さなお店の店長、研究者、芸術家等の仕事を選ぶ人には、こうした精神的なわずらわしさを避ける視点で仕事選びをした人が少なくありません。

自分の健康に重点を置き、自分の健康状態を掴み、自分の仕事を選ぶ際の条件を決めたら、様々な角度から情報を集めて応募先をセレクトしていってください。

勤務地・仕事内容・残業の程度・福利厚生・通勤ルート・職場の環境等に注意するとともに、雇用形態もよく考え選ぶようにしましょう。

健康を重視すべき時には、自分の体調に合わせて週3日働くことを条件にして派遣会社に登録するとか、自分の条件がとおりやすい働き方を考えていきましょう。

また、職場を決める前に近辺の医療機関を確認しておくとか、食事療法の必要な人は、自分に合った食事のできる場所や購入できるコンビ二等があるかどうかなどを調べておくこともおすすめします。

健康状態によっては周囲の人の理解が必要なケースもあると思います。このような場合は、友人知人にも広く声をかけて遠慮せず事情を話して、職場探しに協力してもらいましょう。

事情のわかっている人に探してもらうと、条件に合った仕事が見つかりやすいものです。