アングル7:体験タイプの結婚アドバイスと仕事例

jyosei-tensyoku

「体験派」のあなたの場合、結婚するならば、

1.あなたと「同じ志向を持っている人」か

2.あなたの「やりたいことを応援しようと考えてくれる人」

の二種類のタイプの人が望ましいでしょう。いわゆる「オレについてこい」タイプの古い男女観を持っている男性では、なかなか難しいと思います。

「体験派」の女性は、好奇心あふれるビビッドな感性と勇気を持つエネルギッシュな人が多いと思います。こうした女性が1の同じ志向を持つ男性と結婚した場合、とてもドラマチックなおもしろい人生になることでしょう。

夫婦でU・Iターンして働くケースや、海外移住して働くケース、二人で会社をつくるケースなどが考えられます。会社をつくろうとする場合などは、二人で目標を決め、会社をつくるための知識や能力を身に付けようとそれぞれが分担していくつかの仕事を事前に経験するという方法もとれます。

2のタイプの、あなたのやりたいことを応援しようと考えてくれるありがたい男性ならば、その男性には、安定的な仕事でコンスタントな収入を得られる仕事に就いてもらい、あなたは経済的な心配をそれほどすることなく、やりたい仕事をするというのが理想です。

しかしこの場合は、常に男性に感謝することを忘れないこと。そして自分が何のために、何に魅力を感じて今この仕事に取り組んでいるのかを、しっかり話し、了解してもらうことが必要です。

そして協力的第三者としての客観的なアドバイスをもらえる関係をつくっておくことが、あなたの仕事上の大きなプラスになるはずです。

ドラマチックな人生になりがちな「体験派」の女性の場合、精神的な安定をつくり出してくれる夫を持つことができれば最高です。

1や2のタイプではなく、好きで結婚してしばらくすると、もっと自由な考え方を持っていると思っていた夫が案外保守的なタイプであった、ということがめずらしくありません。

こういう時は、家庭の平和を乱さない程度の時間帯を選んで働くことが必要です。現在は、パートや派遣でも、かなりいろいろなおもしろい仕事に就くことができますので、こうした短時間のおもしろい仕事をいろいろ体験して、自分に力をつけていくというのも一つの方法です。

様々な能力が身に付いてくれば、夫の見方も変わってきて、期待してくれるようになるものです。

<このアングルにはこんな仕事も>

・マスコミ関係の仕事
・タレントプロダクションの仕事
・海外勤務/出張のある仕事
・スポーツーレジャー施設の仕事
・一次産業の仕事
・警備員
・エキストラ
・職人

※その他U・Iターンなどにより、労働スタイルと生活が大きく変化する仕事など

>>>転職ならeboard