アングル8:仲間タイプの仕事選びアドバイス

jyosei-tensyoku

昨今の求人広告には、社内の人間関係の良さや、男女の比率、女性への社内メンバーからの期待をアピールした広告がよく見られます。

実際のところ、良い仕事仲間に出会えるかどうかは、会社によって大いに差があります。

例えば半官半民の堅実な会社で、福利厚生面もしっかり整っていて良い会社を選んだと親も大喜びした就職でも、入ってみると中高年の命令するおじさんばかりが多く、若い女性たちに手のかかる大量の仕事がまわってくるしくみになっており、残業続きで体をこわし、退職せざるを得なくなったという女性もいます。

一方、入社早々の歓迎会で、楽しく職場に溶けこみ、若い営業マンのたくさんいる職場で気の合う男性を見つけ、周囲に祝福されてめでたく結婚することができた女性もいます。

また、入社した不動産の会社では資格をとることに熱心な仕事仲間が多く、互いに励まし合い宅地建物取引主任者資格を取得したというケースもあります。

あるいは、小さな広告会社に入ったが、そこには、とても意欲的な才能のある人たちが集まっており、互いに刺激を受け、それぞれが一流の広告クリエイターに成長し、新しい職場に移ってからも交流を持ち続け、仕事上の良い人脈になっているケースもあります。

職場で良い仲間を得るには、自分と同じ分野に興味を持つ人々のいるところや、同世代の男女がいるところ、先輩に同じ出身地や出身校の人がいるところ、専門的な分野なら高度な専門技術や能力を持つ先輩のいるところなどを選ぶとよいでしょう。

>>>転職ならeboard